高血圧の合併症、偏頭痛

苦しい日本では約4000万人が高血圧と報告されており、その多くは軽症で自覚症状がなく、しっかりと血圧を管理していることは少ないようです。
高い血圧が持続すると、脳・心臓・腎臓などの臓器の血管に障害が起こり、脳卒中、心臓病、腎障害、網膜症などを引き起こします。
特に高血圧は脳卒中と大きく相関しているので注意が必要です。
心臓から送り出された血液が血管を通って全身の臓器に送られると、動脈の壁に圧力がかかります。
これが「血圧」です。
この血圧が高い状態を「高血圧」と呼び、血管が大きく膨張、または硬化時間が長いなどの理由で血管の伸縮能力が落ち、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞といった様々な病気を引き起こす原因となります。
これらの初期症状には高血圧の合併症、偏頭痛の発症も多く報告されています。
偏頭痛は血管の拡張が原因で起こるので、高い血圧が血管を拡張すれば自然に偏頭痛を発症しやすくなるのは当然と言えます。
高血圧からくる偏頭痛を解消するには、血圧を下げ適度な血圧状態に戻すのが最適です。
血圧を自己管理するのも大切なことですし、まずは生活習慣から見直していくのが最善となります。
バランスの良い食事は血圧に限らず体全体に影響しますので、特に果物・野菜・魚をたくさん摂るように心がけ、お肉や嗜好品から脂肪量を摂取しすぎないようすることが大切です。
運動もまた治療法の一つですが、激しいスポーツよりはウォーキングなどの有酸素運動を心がけると効果的です。
長期にわたるアルコール飲酒も高血圧の一因となり、適量摂取・休肝日を設けるなど体に優しいルールの上で飲酒されることをお勧めします。
以上の生活習慣の改善を行っても十分に血圧が下がらない場合は、薬による治療が必要となります。